アンスリウムは、サトイモ科アンスリウム属に分類される植物です。

半耐寒性多年草で、変わった姿を持つ観葉植物です。

花びらにように見える部分は「仏炎苞」といい、めしべのように仏炎苞の真ん中から伸びている部分を「肉穂花序」というそうです。

仏炎苞は赤く変わった姿を持ち、室内で育てている人も多いようです。

寒さには弱いので冬は10℃以上の環境出ないと育てられないそうです。

直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こすと言われていますが、逆に暗い場所に置いてしまうと花が咲かないなどのトラブルになるので、明るい場所で風通しの良い場所に置いてあげると良いそうです。

そんなアンスリウムは、いつ肥料を与えれば良いのでしょうか?

それでは今回は、アンスリウムの肥料の与え方や時期などについてご紹介します。

 アンスリウムに与える肥料の選び方やおすすめは!?

アンスリウム 肥料 時期

肥料は、効き目がゆっくりで長続きする緩効性肥料か決められた倍数で希釈する液体肥料を与えると良いそうです。

肥料を与えることで花や葉の艶が良くなる生長が良くなるそうです。

アンスリウムには「HB101」がおすすめです。

水で1000倍から10万倍に薄めて使用します。

HB101は、スギやヒノキ、松などから抽出したエキスを使用し、天然で作られた活力液です。

野菜や植物などにも使用することができ、みずみずしい美味しい野菜が収穫でき、葉や実もツヤツヤになるそうです。

アンスリウムに肥料を与える方法!時期はいつがベスト?

生長期である5月~10月は、定期的に施肥すると花付きが良くなり、生長が良くなるそうです。

だからといって大量に与えてしまったら、肥焼けを起こして枯れてしまう原因になるので、与えすぎには注意が必要です。

月1回を目安に行います。

スポンサードリンク

アンスリウムの冬の時期の肥料の与え方は?

アンスリウム 肥料 時期 与え方

冬などは生長がゆっくりになるので、施肥はしない方が良いそうです。

肥焼けを起こして枯れてしまうそうです。

アンスリウムの育て方についてご紹介します。

〈水やり〉

アンスリウムには600種類以上あると言われています。

そんなアンスリウムは、熱帯地域原産のため、高温多湿を好む植物です。

暖かい時期は水が蒸発しやいすいので土の表面が乾いてからたっぷりの水を与えると良いそうです。

秋冬などの寒い時期は、春や夏に比べて生長が遅いので土の表面が乾いてから2~3日後に水を与えると良いそうです。

水を与えすぎてしまうと根腐れの原因になります。

しかし、室内管理し暖房が常についている環境の場合は、水が蒸発しやすいのでこまめに水やりをした方が良いそうです。

鉢の受け皿に溜まった水はそのままにしておくと腐ってしまうので、必ず捨てるようにしてください。

普通の水やりとは別に葉水を吹きかけると良いそうです。

葉水をすることでツヤのある葉を保つ事ができ、害虫予防にもなるそうです。

〈置く場所〉

アンスリウムは熱帯地域原産なので日当たりの良い場所を好みます。

しかし、直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こす原因になるので、レース越しに明るい場所に置くなど、半日陰でもよく育つ観葉植物です。

アンスリウムは寒さには弱く、冬などは10℃以下の場所で育てなくてはなりません。

そのため、冬は室内で育てることをおすすめします。

〈剪定〉

アンスリウムは自然にきれいな形に育ってくれるので特に剪定は必要ないようです。

しかし、葉の色が茶色く変色してきた!などという場合は切ってしまった方が良いそうです。

剪定を行うのに適した時期は5月中旬~8月頃です。

剪定をしないので、年数が経過すると大きく育ちます。

そのため、鉢とのバランスが悪くなってしまうこともあるので、その場合には一回り大きな鉢に植え替えてあげると良いそうです。

〈増やし方〉

増やし方は株分けや挿し木という方法があります。

挿し木は、気丈夫に生えている根の部分を切ります。

葉の付け根が埋まらないように挿して、根がでるまでは乾燥させないようにこまめに水やりを行います。

元々あった株は子株がでてくるので、普通通り育てれば良いそうです。

株分けは、鉢からアンスリウムを取り出して根についている土を取り除き、絡まった根をできるだけほぐしてハサミなどで2~3株に切っていきます。

切った株をそれぞれの鉢に植えてたっぷりの水を与えて日陰で管理します。

〈害虫〉

植物や野菜など育てている時の一番の悩みは害虫ではないでしょうか?

ハダニやカイガラムシ、アブラムシなどいろんな害虫が発生してしまいます。

ハダニやカイガラムシは乾燥しているところに発生しやすいので、こまめに葉水をかけて葉をしめらせておくことで予防できるそうです。

アブラムシは新芽などの柔らかい部分に発生すると言われています。

アブラムシが付くと栄養を吸われ、枯れてしまうといった原因になります。

殺虫剤はあまり使いたくないという人も多いので、その時にはコーヒーや石鹸水などを吹きかけること駆除できるそうです。

殺虫成分を使用していないので、アンスリウムにも安心なのでおすすめです。

まとめ

今回は、アンスリウムの肥料の与え方についてご紹介しました。

アンスリウムはハートの形をしており、その変わった姿が魅力的で育てている人も多いようです。

アンスリウムは熱帯地域原産なので、乾燥した環境を好む観葉植物です。

アンスリウムに与える肥料は緩効性肥料か液体肥料が良いと言われ、肥料を与える際には5月~10月頃が適しているそうです。

肥料を与えることで葉にツヤが出て、生長が良くなります。

生長が良くなるからといって大量に与えてしまうと肥焼けを起こしてしまうので、月に1回を目安に行うことをおすすめします。

肥料にはHB101というものがあり、1000倍から10万倍に薄めて使うもので人気の肥料のようです。

天然のエキスが使われており、葉や実にツヤが出て生長が良くなるそうです。

冬は生長がゆっくりになるので肥料を与える必要はありません。

肥料を与えてしまうと肥焼けを起こして、枯れてしまう原因になります。

アンスリウムを育てる場合に置き場所や水やりも大切になります。

熱帯地域原産の観葉植物ですが、直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こす原因になります。

夏などの日光が厳しい季節などは半日陰に置いたり、レースカーテン越しに日を当ててあげるだけでも元気に育ってくれるそうです。

水やりは土が乾いてからたっぷりの水を与えると良いそうです。

水を与えすぎてしまうと根腐れの原因になるので注意が必要です。