アンスリウムという観葉植物を見たことはありますか?

ハートの花を持ち品種によって、赤色、白色、ピンクなど様々で部屋に飾れば南国ムードを味わう事ができます。

ハイドロカルチャーという言葉を聞いたことはありますか?

一般的に鉢で育てている人も多いかもしれませんが、ハイドロカルチャーで育てるという方法もあります。

土を使わずに水耕栽培することで、見た目もオシャレでハイドロカルチャーで育てている人もいるようです。

そんなアンスリウムをハイドロカルチャーで育てるのはどうしたらよいのでしょうか?

それでは今回は、冬のアンスリウムの管理方法やハイドロカルチャーでの育て方についてご紹介します。

アンスリウムの冬越し!管理方法は!?

アンスリウム 冬 管理

アンスリウムは寒さに弱く、日差しが強い場所を苦手とする観葉植物です。

気温が10℃を下回ると枯れる原因になるので、冬は室内に入れて明るい場所でおくことをおすすめします。

窓際に置くと夜は氷点下になる可能性があるので、気を付けなくてはなりません。

冬でも直射日光が当たらないようにレースカーテン越しに置くことをおすすめします。

冬の水のやり方は!?

冬は夏や春などの暖かい季節とは違って水の蒸発量が下がるので、水やりの回数を減らします。

水を与えすぎてしまうと根腐れの原因になります。

冬は土が完全に乾いてから2~3日後にたっぷりの水を与える事をおすすめします。

水の与えすぎは冬以外の季節も気を付けなくてはなりません。

土への水やりとは別に年間を通して葉水をかけると良いそうです。

アンスリウムは湿度が高い環境を好む植物です。

湿度が高いと聞くと土を常に湿らせて置かなければいけないと思う人が多いようですが、湿度が高い環境というのは空気中の湿度という意味のようです。

そのため、葉水をすることで空気中の湿度が高くなるそうです。

葉水は害虫対策にもなるようです。

害虫は乾燥している環境を好むので、葉っぱを常に湿らせておくことで発生しにくくなるそうです。

アンスリウムが冬に枯れない為の対策方法とは!?

冬は、室内に入れ半日陰で管理します。

水の与えすぎは根腐れの原因になり枯れてしまう可能性もあるので注意が必要です。

室内でも気温が10℃以下にならないように対策しなくてはなりません。

室内で常にエアコンを使用している場合には冬でも見ずの蒸発量が高くなる可能性があるので、こまめに土の状態を確認してあげることをおすすめします。

スポンサードリンク

アンスリウムのハイドロカルチャーの育て方は!?

水やり

容器内の底まで水がなくなってから1~3日後に水を与えます。

ハイドロコーンの1/5ほどの高さまで水をいれます。水がまだあるのにこまめに水を与えてしまうと根腐れの原因になったりカビが生えてしまう可能性もあるので、必ず水が全部なくなってから与えます。

肥料

アンスリウムを植えてから2~3週間後にハイドロカルチャー用の液体肥料を与えるとよいそうです。

植え替えをした時にイオン交換樹脂栄養剤を使用している場合には基本的に肥料を与える必要はないようです。

しかし、イオン交換樹脂栄養剤の効果は3か月ほどなので、3ヶ月を過ぎたら上から負けるタイプのイオン交換樹脂栄養剤を使用したり、液体肥料を使用すると良いそうです。

置き場所

アンスリウムは直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こしてしまいます。

葉焼け以外には容器内の水の温度が上昇し根が蒸れやすく苔や藻が生えやすくなってしまうので、直射日光の当たらない明るい日陰に置いてあげることをおすすめします。

ハイドロカルチャーへの植え替え方法は!?

アンスリウム 冬 管理 植え替え

ハイドロカルチャーへ植え替えを行う際には、鉢植えで行うような植え替えはないようです。

使用しているハイドロコーンの洗浄と根腐れ防止剤の入替を行うという意味で植え替えをするそうです。

ハイドロカルチャーへの植え替えは鉢植えよりも頻繁に行わなくてはならず、目安としては1年に1回の割合で行います。

容器に入っているハイドロコーンや植物などを全て取り出し、ハイドロコーンを水でしっかりと洗います。

ハイドロコーンを乾燥させている間にアンスリウムの根に付いた土をキレイに落としていき、腐っている部分はハサミで切り落とします。

その後はハイドロカルチャーの作り方としてご紹介していきます。

  1. 根腐れ防止剤を容器の底に敷きます。底が隠れるくらいの根腐れ防止剤を敷きます。底が見えるくらい少ないと根腐れを起こしやすくなります。
  2. ハイドロコーンを入れます。事前に水洗いしておいたハイドロコーンを容器の1/4~1/3ほど入れます。液体肥料やイオン交換樹脂栄養剤を適量入れます。
  3. 高さを調節します。容器に植物を入れながら位置を決めます。ハイドロコーンを入れて高さを決めますが、容器の側面に根っこが当たらないように注意しながら行います。
  4. アンスリウムがぐらつかないようにします。アンスリウムがぐらつかないようにハイドロコーンを敷き詰めて固定します。根っこの隙間にもピンセットなどを使用して埋めていきます。
  5. 水を入れます。ハイドロコーンを入れたり、容器の1/5~1/4ほど水をいれて完成です。

まとめ

今回は、アンスリウムの冬の管理とハイドロカルチャーでの育て方についてご紹介しました。

ハイドロカルチャーは自分の好きな容器で育てることができるそうです。

・アンスリウムは寒さには弱い植物なので10℃以下になってしまうと枯れてしまう原因になります。

冬は室内で管理すると良いそうです。

冬の水やりは土が乾いてから2~3日後にたっぷりの水を与えると良いそうです。

鉢植えで育てる時と同じく水を与えすぎてしまうと根腐れだけでなく容器内にカビや藻、苔などが発生してしまうので、容器の水が底までなくなってから水を与えることをおすすめします。

今は、おしゃれな鉢植えも販売されていますが、ハイドロカルチャーで育てるにはもっとおしゃれに飾ることができます。

自分の隙な容器を用意し、アンスリウムを植えるだけなので、簡単ですし管理もそこまで難しくないようです。

土を室内に持ち込みたくないという人も多いと思います。

ハイドロカルチャーは土を使わずに水耕栽培なので土を持ち込みたくないという人にはハイドロカルチャーで育ててみてはいかがでしょうか?