園芸をやっている人なら、一度は「オルトラン」という殺虫剤の名前を聞いたことがあるかもしれません。

また肥料のことを調べていると、「ハイポネックス」という単語を思い浮かべてしまうかもしれません。

どちらの商品も、農薬あるいは殺虫剤、肥料と活力剤の分野で有名な製品です。

ここでは、オルトランとハイポネックスについて、どのような製品で、使うときにどんな注意をしなければならないかを、説明します。

観葉植物の害虫駆除!オルトランの正しい使い方は!?

オルトラン 観葉植物 使い方

オルトランは「アセフェート」という農薬(あるいは殺虫剤)の商品名です。

1973年に発売された歴史の長い商品です。

オルトランで退治できる害虫は直接葉をかじったり吸汁したりする虫に限られます。

具体的にいうとアブラムシ、ネキリムシ、ハモグリバエ、そしてさまざまなケムシです。

オルトランは水溶性なので、根や葉から栽培中の植物に薬剤が浸透します。

アブラムシのような害虫がその植物の汁を吸い取ると、薬剤の効果で退治されることになります。

オルトランは雨で洗い流されたり日光で分解されたりしにくいため、効果が長く続くのが特徴です。

オルトランの毒性は、それほど強力ではありません。

説明書に買いてある使用量・使用時期・使用回数を守りさえすれば、人体に影響を与える心配もほとんどありません。

オルトランは2種類のタイプが販売されています。

粒剤と水和剤です。

粒剤タイプのオルトランの使用法はとても簡単です。

観葉植物の周囲の土にパラパラと撒くだけでオーケーです。

苗を植えるとき土に事前に混ぜておく、といった使い方もできます。

特別な下準備を必要としない粒剤タイプのオルトランは、ガーデニング初心者でも安心して扱うことができます。

一方、水和剤タイプのオルトランは、水で薄めて使います。

使用するときは、必ず説明書に指定された濃度まで薄めて下さい。

観葉植物にはスプレーを使って、少しずつ葉や茎にかけるようにします。

水和剤は粒剤タイプに対して面倒くさそうだという印象を与えるかもしれません。

しかし粒剤タイプは、高さのある観葉植物にはあまり効果がないという問題点があります。

そのため大きな木に育ってしまった観葉植物に対しては、水和剤を水に溶かして散布する方が効果的です。

オルトランは効果的な殺虫剤ですが、頻繁にたくさん使うとかえって観葉植物へ害を与えます。

必ず指示された量と使用方法、それから使用する時期や回数を守る必要があることを忘れないようにして下さい。

そして万が一、オルトランを使用しているうちに、気分が悪くなる、頭痛がする等の不快な症状があらわれたら、必ず病院へ行って医師に相談するようにしましょう。

病院へ行くときは、オルトランを使用した期間や量なども答えらえるよう、準備しておくと役に立ちます。

スポンサードリンク

撒く量や回数の目安は!?

オルトランを撒いた(あるいは散布した)後、地面や観葉植物に成分が吸収されて効果が出るまでに、1週間程度かかります。

効果が持続する期間はだいたい1か月です。

粒剤のオルトランを観葉植物に与える場合、1平方メートル3グラムから6グラムを、根元にばら撒くようにします。

オルトランの撒布(さっぷ)回数は、5回が限度です。

1回撒くごとに効果が1か月続くので、おおよそ5か月の間効果を維持することができるわけです。

害虫の被害がそれほどひどくない初期のうちに対応して下さい。

水和剤タイプのオルトランの場合、1000倍に希釈した液を、1平方メートル当たり100ミリリットルから300ミリリットルくらいスプレーで散布します。

散布の回数は、5回が限度です。

1回散布すると効果が1か月持続するので、径5か月の間、効果を維持することができるはずです。

害虫の被害がそれほどひどくない初期のうちに対応するようにして下さい。

観葉植物の液肥ハイポネックスの使い方とは!?

観葉植物の生育に応じて必要な養分を追加で与えることを追肥(ついひ)といいます。

追肥の方法として、緩効性のある化成肥料を鉢の隅に置くという方もありますが、すぐに効果のある液肥を使うほうがはるかに便利です。

そして観葉植物の液肥といえば、ハイポネックスが定番です。

観葉植物に使用する場合、市販されているハイポネックス原液を水で500倍程度に薄めて、追肥として2週間に1回、水やりの代わりにたっぷりと与えるのが、定番の使用法です。

ハイポネックスは追肥のための液体肥料です。鉢植えにした植物に長期にわたって、じわじわと効果を及ぼす元肥にすることはできません。

植え付け(あるいは植え替え)後2周間から3週間の間は、ハイポネックスはむしろ与えない方がよいのです。

ハイポネックスアンプルの使い方は!?

オルトラン 観葉植物 使い方 液肥

ハイポネックスアンプルにはさまざまな種類があります。

液体肥料をアンプルに納めた商品(「観葉植物の肥料アンプル」など)もあれば、一般のアンプル剤と同様に、植物の活力剤が入っている商品(「リキダス アンプル」など)もあります。

肥料が入っているアンプルは、緩効性の化成肥料と同じように扱えば問題ありません。

そして活力剤のアンプルは、水と肥料を適切に与えているのに植物に元気がない場合に、肥料などを補う目的で使用すればよいでしょう。

ここで、肥料と活力剤は役割が全く違うことに注意してください。

肥料は植物の生育を助けるための成分(窒素、リン酸、カリウム)などが主体であるのに対して、活力材の主成分は肥料成分を補って植物を丈夫にしたり、元気にしたりする「微量要素」と呼ばれる成分(マンガン、ホウ素、鉄、銅、亜鉛、モリブデンなど)です。

肥料がメインディッシュであるとしたら、活力剤はサプリメントの役割を果たします。

まとめ

観葉植物を栽培する際には必ず登場する殺虫剤のオルトランと、液体肥料・活力剤のハイポネックスについて紹介しました。

オルトランを使うときは必ず指示された量と使用方法、それから使用する時期や回数を守りましょう。

そして万が一オルトランを使用しているうちに不快な症状があらわれたら、必ず病院へ行って医師に相談するようにしましょう。

ハイポネックスは、農薬であるオルトランほど神経質になる必要はないかもしれません。

しかし同じハイポネックスのアンプルでも、肥料が入っている製品と活力剤が入っている製品があるので、両者の目的を混同することがないように、気を付けましょう。