新築祝いなど室内に飾り幸福の木として人気の高い観葉植物のドラセナ。

沢山の品種によってその栽培方法が少しづつ異なるというドラセナの品種の中に、赤いドラセナは存在するのでしょうか?

葉っぱが特徴的なドラセナに赤があれば室内はとても艶やかになるでしょう。

今回は赤いドラセナの存在や、育て方、販売の価格について調べていきたいと思います。

赤ドラセナの品種は何があるの!?

ドラセナ 赤 育て方

では早速、ドラセナの品種の中に赤いドラセナが存在しているのかについて調べていきたいと思います。

じつはドラセナは『ドラセナ属』とドラセナと見た目も生態も似ている『コルディリネ属』というものがあり、今回はそれぞれの属から赤い葉っぱがなる品種をご紹介します。

《ドラセナ属》

【コンシネ】

別名『真実の木』と言われ柔らかい枝や幹をしていて剣のように細く長い葉が特徴的。

葉が赤く、スタイリッシュな印象でインテリアとして置くのに最適、生長するにつれて独特な形に加工することもできます。

さらに上に向かって伸びていく姿から仕事運の上昇など縁起の良い観葉植物としても親しまれています。

【コンシネレインボー】

葉っぱが鮮やかな赤色をしていてそこにあるだけで存在感を発揮する品種です。

様々な改良によって赤い葉にクリーム色のラインが入ったものなどが誕生しています。

レインボー種は育て方も簡単なので初心者さんでも栽培ができます。

【イエローエッジコンパクタ】

ゆっくりと成長していくのが特徴のこの品種は先に紹介したレインボーなどの鮮やかな赤ではなく、どちらかというとチョコレートのような深い赤色をしていて緑の葉にライン状になって色づいています。

コンパクトに栽培ができるので限られたスペースでの栽培に有効です。

《コルディリネ属》

【ターミナリス】

鮮やかなピンク色の葉っぱに赤紫色のラインが入るとてもキレイなターミナリスは、家の前に置くと良いことがあるとハワイでは言い伝えられています。

残念ながら日本の気候では栽培が難しく日本ではインテリアプランツとして取り扱われています。

【レッドエッジ】

葉が細くてエキゾチックな雰囲気で欧米を中心に人気の高い品種で、葉は緑色で淡い色の赤がキレイに映え、葉軸も赤いものがあるのが特徴です。

生産量がとても少ないことでも知られる品種なので出会えたら奇跡と言われています。

【オーストラリスレッドスター】

暑さや寒さに強く0度まで耐えられると言う品種になります。

霜にさえ気をつけていれば日本の関東から西よりであれば地植えもできます。

銅葉で濃くて深い赤紫色なのでとてもシックなインテリアになること間違いなしです。

【ドラセナアトム】

鮮やかな赤い葉、新葉は紅赤色で成長とともに濃い紫紅色になる変化を楽しむことができる品種になります。

フラワーアレンジメントに向いていて、こちらもインテリアのアクセントになる品種です。

【エレクトリックピンク】

可愛らしい名前の品種で赤ピンク色の葉にパープルのラインが入っていて成長のスピードがゆっくりなのが特徴です。

比較的新しく誕生した品種ですが、存在感が光る物となっています。

いかがでしたか?

数種類ではありますが赤いドラセナの仲間がたくさんあることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

また赤いドラセナの仲間には『ドラセナ・ドラコ』という名前の大きな品種があります。

これは他のものと大きく異なっていて、葉や幹は赤くないのですが、幹を着ると赤い樹液を出すといった変わり種の品種。

別名『竜血樹』と呼ばれています。

しかし樹齢がとても長く中には千年にも達することから長寿の木としても知られています。

本当にドラセナには沢山の品種とそのそれぞれに大きな特徴がありますね。

ではここからはそんな赤いドラセナの育て方について調べていきます。

スポンサードリンク

赤ドラセナの育て方とは!?

ドラセナ 赤 育て方 ポイント

赤いドラセナの品種がたくさんあることがわかったところで、育て方のポイントはなんでしょうか?

じつはどれもほとんどがとても丈夫なので園芸初心者さんでも栽培はさほど難しいものではありません。

管理のポイントは全部で3つ『置く場所・水やり・肥料』です、早速そのポイント3つと増やし方について見ていきましょう。

置く場所はどこがいい!?

まずは栽培にあたっての環境ですが、日当たりの良い場所を好みます。

インテリアに適した植物のため日照不足が続くと、生長してもヒョロヒョロな葉っぱしか育たず見映えしません。

室内で育てていてもお天気の良い日は窓際に置くなどして日当たりを確保してあげてください。

しかし気をつけなかればいけないこともあります。

それはいくら日当たりの良い場所を好むとは言え、直射日光が当たるのは葉焼けなどの原因となります。

真夏の直射日光は避け、レースのカーテンなどで明るい日陰を作ってあげることを心がけてください。

また品種にもよりますが耐寒性は耐えられても5℃までと言われていて、10℃を下回ると弱ってしまうものもあります。

冬場は生育も止まる時期になるので室内の暖かい場所で管理いてください。

暖房の風による乾燥に注意し、夜間は窓からの冷気から守るためにも部屋の真ん中の方に置くなどして寒さ、そして霜に当たらないようにしましょう。

風通しの良い場所は鉢の中の蒸れすぎを防ぐのでお天気の日は明るく風通しの良い場所で管理してあげてください。

スポンサードリンク

水やりの方法や頻度は!?

赤いドラセナは乾いた土を好む性質があります。

そのため水やりは土が乾いてから行うのがポイントです。

土が湿った状態が続くと根腐れを起こします。

とくに冬場は夏よりも水やりの頻度を少なくする必要があります。

土が乾いてから2~3日して与えましょう。

受け皿に溜まった水はそのままにしておくと根腐れの原因になるので必ず捨ててください。

葉水を行うことで生き生きとした葉っぱとなると同時に観察の機会になりますのでおすすめです。

肥料の与え方や時期は!?

最後に肥料の与え方ですが、赤いドラセナは生長が活発になる5月~7月に与えましょう。

使用する肥料によっても異なりますが、置き方タイプの緩効性肥料なら2ヶ月に1度、即効性のある液肥なら2週間に1度の頻度で与えます。

冬場は生育が止まるので肥料を与えないでください。

肥料焼けを起こして株自体が弱くなってしまいます。

赤ドラセナの増やし方は!?

そして赤いドラセナの増やし方ですが、大きくなった赤いドラセナを剪定した際、その茎を『茎挿し』して増やすことができます。

使用する茎は新葉がついていれば10センチほどの長さにして水に挿します、根が出るまでは2~3日に1回のペースで水換えをしましょう。

根がしっかりと出たら土に植え替えて完成です。

赤ドラセナの平均の販売価格はいくら!?

さて、人気の高いドラセナ、中でも彩り豊かな赤いドラセナの価格帯はどれほどなのでしょうか?

価格帯は品種によって大きく異なりますが、コンシネなどは10号サイズで1,500円ほどで購入が可能のようです。

しかしレインボーのような大きなもので人気の高い品種ですと、10,000円ほどの価格帯となっています。

またエキゾチックな赤色のレッドエッジは8号サイズで8,000円ほどです。

まとめ

今回は50種類もの品種があるドラセナの中でもインテリアとして鮮やかな色が魅力赤いドラセナについて調べてきました。

たくさんの垢の種類で魅了するドラセナは、とても丈夫なので園芸初心者の方でも栽培が比較的簡単なのも人気の高い理由。

価格・大きさなどによって選ぶことのできる赤いドラセナを是非贈り物やご自宅のインテリアに取り入れてはいかがでしょうか?