「幸福の木」という名前で、室内に飾ると縁起の良いものとして喜ばれるため新築祝いなどで送られる観葉植物のドラセナ。

植物を栽培するのが初心者の方でも比較的、育てやすいと人気の高い観葉植物です。

お部屋に置くと金運アップにもつながると言われるドラセナですが、育てていくなかで心配なのが病気ですよね。

とくに綺麗な葉っぱが特徴のドラセナなのにその葉っぱにいろんな色の斑点模様ができたらそれは真っ先に病気を疑わないといけません。

今回はドラセナの葉っぱの斑点模様の病気について調べていきたいと思います。

ドラセナの葉に斑点ができる原因とは?対策法は!?

早速、ドラセナの葉っぱにできる斑点の原因について調べていきましょう。

【炭そ病】

葉っぱや枝に黒や灰白色の斑点が現れて、全体へと広がっていく病気です。

原因は炭そ病菌というカビ、進行とともに穴が開き、枯れていきます。

気温と湿度の高い場所で発生するので葉っぱを剪定などせず生い茂らせていると発生しやすくなります。

もし見つけたら切り取って拡大を防ぐために植物用の殺菌剤を散布しましょう。

【斑点病】

葉っぱや茎に小さな褐色の斑点が散らばってできる斑点、すぐに枯れずに春になって枯れ落ちる病気です。

原因は水はけや風通しが悪いと発生しそのままにしておくと他にも移っていきます。

見つけたら切り取ってまだ拡大がみられず初期なのであれば「オーサイド水和剤」を散布すると効果的です。

【赤星病】

橙黄色や赤橙色の斑点ができどんどん大きくなっていき葉の裏側には毛羽だった斑点が出てきます。

原因はさび病菌と言うカビが原因で、病気が進むと葉っぱを切り取って処分するほかないのですが、薬剤を散布して殺菌を行うと回復することもあります。

【黒星病】

葉っぱに黒色の斑点ができ、どんどん大きくなって全体へと広がっていき弱ります。

原因は糸状菌というカビが原因になっています。

気温が20度以上、湿気の多い環境を好みます。

株全体に広がらないように病気の部分は切り取って処分します。

風通しの良い場所で管理することを心がけ気温にも注意をすると予防につながります。

スポンサードリンク

【べと病】

淡黄色のぽつぽつとした小さな斑点が見られ、進行が早く放っておくとあっと言う間に枯れてしまう病気です。

原因は卵菌というカビで多湿状態を好み気温が20度前後で発症します。

乾いているとパリパリとしていますが、湿っているとねばねばと粘着質になるのが特徴です。

斑点が出た葉っぱは取り除き、木酢液を散布します。

剪定や風通しを心がけ卯と防ぐことのできる病気です。

【褐斑病】

褐色の小さな斑点がいくつもあらわれるのが特徴の病気です。

原因はセプトリア・オベセというカビ、そのうち大きくなっていき粒が増えて葉っぱが枯れていきます。

葉を摘みとって日当たりと風通しの良い場所で管理することで予防になります。

梅雨時期の前に剪定を行い、蒸れを防いで通気性を保つように心がけましょう。

こうみると本当に様々な斑点による病気があることが分かりましたね。

主な原因がカビ、しかししっかりとした管理がされれば防げることが分かります。

日ごろのケアが大切なんですね。

ドラセナの葉が垂れる原因や対策法とは!?

ドラセナ 葉 斑点 対策

ドラセナの葉っぱが垂れてしまっていると元気が無くて心配になりますよね。

何が原因なのでしょうか?

またそうなってしまった場合の対策はあるのでしょうか?

原因は様々あるのですが、考えられることとして次のようなことが考えられます。

【原因①・・植え替えや剪定】

植え替えによるストレスで一時的に衰弱している可能性。

植え替えをすると葉っぱを軽くする必要があります。

剪定を行うと言うことは人間で言うと手術をした直後と同じ、しっかりと管理してあげないとストレスが大きくかかり衰弱が強くなります。

【原因②・・環境の変化】

日本には四季があり、最近では夏になると急激に暑くなったり、かと思えば急に寒くなったりと変化が激しくあります。

そんな変化についていくのが難しくなると葉っぱが垂れてしまうことがあります。

とくに夏は風もなく湿度も高めで気温も上がります。

葉っぱが脱水症状を起こしている状態ですね。

そんな時は日陰に移して葉っぱには葉水を行って様子を見てください。

【原因③・・病害虫】

ハダニやカイガラムシなどの病害虫が原因となると葉が垂れてしまいます。

葉っぱの栄養を吸い取ってしまうからだとされています。

もしもこれらの害虫を見つけたら、駆除する必要があります。

日ごろの予防策として葉水をして観察しながら防ぎましょう。

原因が分かれば、対策もできますので日ごろの観察やお手入れによって防いだり対策が可能なので生き生きとした葉っぱに回復できるようにしましょう。

スポンサードリンク

ドラセナの葉に白いものが付いている原因や対策法とは!?

葉っぱに白いものが付いているのを発見したらビックリしますよね。

先ほど調べた様々な色の斑点の病気とは異なる白い粉のようなもの、これは一体何なのでしょうか?

「うどんこ病」という病気で葉っぱや花、茎などにあらわれる「うどんの粉」のような白いものはカビで5月~6月と9月~10月の湿度が低く気温が高くなると発生します。

このカビは生きた植物にしか寄生せず、そのままにしておくとカビは全体に広がります。

結果、光合成ができなくなって枯れてしまうのです。

日ごろの手入れによってこの病気は予防ができます。

日当たりが良く風通しの良い場所で管理をし、発生したのが早い段階であれば重曹を水で溶かしたものを散布すると回復することがあります。

また株のあらゆる場所に広がってしまっているなら病気のかかっている箇所を切り取り殺菌剤を散布し拡大を防ぎます。

このカビは風に乗って他の植物にも感染するので気を付けましょう。

まとめ

今回は、幸福の木と言う名前で有名な、観葉植物として人気の高い幸福の木・ドラセナ。

そんなドラセナが元気が無かったり、葉っぱになにやら見たことのない斑点ができたときのその原因や対策方法について調べてきました。

斑点の模様の原因は様々ですがその主な原因は種類の違う「カビ」によるものであることが分かりました。

種類の違うカビは、放っておくと株自体が枯れてしまう原因に繋がりますので、日ごろのお手入れと観察をしっかりと行って管理してあげましょう。

そうすることでまた元気な葉っぱとなって生き生きとなり、綺麗になることでしょう。