キレイな葉の色と繊細なシルエットが最大の特徴である観葉植物のドラセナ。

大切に管理していても枯れてしまうととても残念ですよね。

冬の時期になるとさらに元気がなくなるように感じます。

ドラセナが冬の時期に枯れてしまう原因が別れば対処方法も見えてくるかもしれませんね。

今回は観葉植物・ドラセナが冬の時期に枯れてしまう原因や育て方を調べていきたいと思います。

ドラセナの上手な冬越し方法や注意点について

ドラセナ 冬 枯れる

ドラセナはその原産国がアフリカなので、非常に寒さに苦手です。

生育期ではない冬の時期は特に注意をして管理しなければなりません。

ここでは上手な冬越しの方法と注意点について調べてみましょう。

【水やり】

冬越しの際、特に注意が必要になるのが「水やり」です。

冬の水やりはほとんど行わなくても大丈夫、冬は水が蒸発するするだけの気温はありません。

蒸発することができないと根腐れを起こしてしまい最終的には枯れてしまう可能性が高くなります。

【室内管理】

ドラセナの耐寒は品種にもよりますが5℃から10℃、日本の冬はとても寒いので冬の間は外ではなく室内で管理してあげるのも上手に冬越しをする方法と言えます。

【暖房の風】

耐寒の事を考えて室内で管理するのであればじつは気を付けたいポイントもう1つ出てきます。

それは「エアコンの温風」です。

暖房の乾燥した風が葉に直接当たると葉が弱ってしまいます。

暖房の風が直接当たらない場所に置いてあげることもポイントになります。

【日当たり】

冬の間であっても『日当たり』は光合成を活発にして丈夫に育てるために必要になります。

室内で管理していても昼間はしっかりと日当たりの良い場所に置きましょう。

【風通し】

ドラセナは極度の乾燥を嫌います。

乾燥をし過ぎると葉が落ちてしまいます。

暖房の風は当たらないようにしますが、ある程度の風通しは必要ですので、冬の間も昼間の暖かい時間帯には風に当ててあげるようにしてください。

ドラセナを屋外で越冬する事は可能なの!?

ドラセナの冬越しの方法や注意点は分かりましたが、それでも室外で育て管理することは可能でしょうか?

日本でも地域によっては冬の室外でも10度を下回らない地域はあるかもしれません。

気温が10℃を下回らないのであればもしかすると可能かもしれませんが、昼と夜ではまた気温も異なりますので、できるだけ冬場は室内で管理してください。

原産国も熱帯地域のものですので、自生地の環境に近いものにしてあげることで生き生きと生育します。

スポンサードリンク

ドラセナが冬に枯れる原因や対処法は!?

先ほども冬越しの上手な方法を調べましたが、生育が止まるこの冬の時期はやはり枯れてしまう原因がたくさんあるんです。

しかし原因が分かると対策も分かります。

さっそくまとめてみましょう。

原因①・日光は足りている?

耐陰性があるとされるドラセナではありますが日照不足は度を超すと枯れてしまう可能性がグッと高くなります。

日照時間が短い冬は昼間のわずかな日照時間が大切になってきます。

貴重な太陽の上がっている時間を活用しましょう。

原因②・水をあげすぎてない?

基本のお水の与え方は、土の表面が乾いてからあげるのですが冬はほぼ水やりの必要はありません。

生育の滞る冬の時期には根腐れを防ぐために水やりは控えましょう。

原因③・乾燥しすぎ?

乾燥ぎみに育てるのが良いとはいえ、極度の乾燥状態が続くと植物は枯れる原因になります。

とくに冬は乾燥が強くなります、さらに室内で管理をするので暖房の暖かい風が乾燥をより引き起こしてしまいますので注意しましょう。

乾燥によって葉が弱ってしまった場合は取り除きますが、気温が下がる時期に剪定を行い過ぎるとダメージを与えます。

切り取る部分が最小限で済むように乾燥には気を付けましょう。

原因④・寒すぎる?

低温はドラセナにとってなによりもの天敵です。

室内で管理をして寒さから守ってください、冬の昼間であっても外に出すのではなく窓際に置き、夜は寒さが窓から伝わってきます。

厚手のカーテンをしてさらに室内の中央に置いて冷気から守りましょう。

原因⑤鉢が小さい?

冬の間は完全に枯れてしまうのであまり行ってほしくない作業なのですが、根づまりをしていると水はけが悪くなり根腐れをも引き起こす要因になります。

株が枯れてしまう前に一回り大きな鉢に早急に植え替えを行ってください。

鉢替えは『必ず』暖かい時期5月から9月までに行い冬を迎える前の準備として行っておきましょう。

スポンサードリンク

ドラセナの夏の上手な育て方は?

ドラセナ 冬 枯れる 夏

さて、生育の止まる冬の間の対応方法は分かりましたが、ここからは夏の間のドラセナの上手な育て方を調べていきましょう。

冬の時期とは大きく異なり日光にもしっかりと当てることができる夏、水やりも夏なので表面が乾くのが冬よりも早いでしょう。

十分に日に当てることができますし、水やりも十分与えてください。

しかし、そんな中でも注意しないといけないことはあります。

【直射日光に当てすぎる】

確かに暑い地域に生息する植物ですので、日本の暑いは環境的には良いのですが、直射日光に当てすぎてしまうと葉が焼け枯れ落ちてしまいます。

【水のあげ方】

土の表面が乾いたらたっぷりと鉢の底に出るくらい与える必要はありますが、鉢の底に置いた受け皿に溜まった水をそのままに放置しておくことが無いようにしてください。

【肥料】

生育期を迎える4月から10月ごろまでは肥料が必須になります。

この時期には積極的に肥料を与えてください。

置き肥なら2か月に1回、液体肥料なら2週間に1回を目安にして与えましょう。

【植え替え・挿し木・剪定】

根づまりを起こす原因になるので、鉢をひとまわり大きくする植え替え、株を増やす挿し木、さらに形を整えるために剪定も5月から9月までに行うのが最適です。

夏の時期には冬を迎えるための準備がたくさん、さらに生育期間と言うこともあり日々のお手入れも冬時期よりいろいろあると言うことが分かりましたね。

ドラセナの葉焼けの原因や対処法について

ドラセナの最大の特徴である葉の色、しかしそれを脅かすのが『葉焼け』です。

葉焼けの原因は、急激な気温の上昇です。

気温が急激に上昇すると組織が壊れてしまうのです。

特に夏真っ盛りの直射日光、強すぎる日に当ててしまうとドラセナがビックリしてしまい葉焼けを起こしてしまいます。

日差しが強すぎる真夏には、窓の近くに置きますがレースのカーテンなどで直射日光を防いであげましょう。

まとめ

今回は観葉植物・ドラセナの冬越しの方法や夏の間の育て方などを調べてきました。

冬の間と夏の時期ではその栽培方法は大きく異なり、それぞれに注意したいポイントがあることが分かったのではないでしょうか?

ドラセナの生育のポイントを学び、しっかりとその季節に合った栽培補法を行うことで枯れてしまうと言う悲しい結果を回避できますので、ぜひ参考にしてみてください。