ガジュマルは独特の樹形が人気の観葉植物です。

「多幸の樹」「長寿の樹」といった呼び名があり、古くから縁起の良いものであると、みなされていたようです。

ガジュマルは、気根(きこん、地上に出てきた根の一部)を他の植物にからみつけながら体を支える性質があります。

このようにして自然界に生えているものの中には、高さ20メートルになるものもあります。

たくましい生命力やユニークな幹の形は、見る人にさまざまなインスピレーションを与えてくれます。

沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる樹木の精霊が、古く大きなガジュマルには住みついているといわれます。

キジムナーは、赤い髪に赤い顔をした子供のような姿で、魚の目玉が大好物で釣りをするそうです。

キジムナーと仲良くなると、富と繁栄がもたらされるという伝説もあります。

キムジナーの伝説とは別に、ガジュマルの大木の気根の間を二人で通ると幸せになるという言い伝えもあります。

ガジュマルを栽培している人は、他の植物以上に樹形が1株ずつ異なっているので「自分だけのガジュマル」として、とても愛着を感じるようになるかもしれません。

そのためガジュマルは育てやすく縁起の良い植物として、贈り物などとしても人気です。

ガジュマルには日陰にも乾燥にも対抗できる順応性の高い植物なので、観葉植物を初めて育てる人にも、安心してすすめられる植物のひとつです。

観葉植物ガジュマルの花言葉の意味や由来は何!?

観葉植物 ガジュマル 花言葉

ガジュマルの花言葉は「健康」です。

ガジュマルはたくましい植物です。

ガジュマルは、茎や枝か根が飛び出す気根が特徴です。

当初はごく細い気根も地面に達すると、樹皮が発達して幹のように変化します。

成長した気根はアスファルトやコンクリートを突き破るほどのパワーがあります。

この気根の強烈なパワーが、生命力を感じさせることから「健康」という花言葉がつけられたようです。

つまりこの花言葉は、ガジュマルの強い生命力や桁外れのたくましさにあやかったものなのです。

「風水」観葉植物カジュマルの効果とは!?

風水とは、中国に伝わる気の力を利用した環境学のことです。

風水において観葉植物は、細く尖った葉なら鋭い気を出すのに対し、丸い葉は穏やかな気を出し、葉が上向きなら陽の活発な気を、下向きなら陰の優しい気を出してくれるといわれています。

ガジュマルは、丸くかわいい葉が下向き生えるため、風水的には気分を落ち着かせ、リラックスさせる効果があるということになります。

またガジュマルはエネルギーに満ちあふれている木なので、飾ったその場所を中心に気の流れを良くしれます。

スポンサードリンク

縁起がいいガジュマルの置き場所は?

風水では、観葉植物は生命力の象徴であり、家の中を活気づけてくれる存在だそうです。

家の中のどこであっても、観葉植物を飾ることは、基本的に良いこととされています。

しかもガジュマルは風水的に良いとされている植物です。

風水的には、人が集まりやすいリビングルームやオフィスにガジュマルを置くと良さそうです。

ガジュマルに「金運アップ」や「和をもたらす」働きがあるからです。

またガジュマルを寝室に置くと、リラックス効果で快適な睡眠空間を作ることができるといわれています。

ガジュマルは寝室のどこに置いてもよいのですが、ただ枕元だけは、寝づらくなるため避けた方が良いそうです。

キッチンでもガジュマルは、とても良い効果を発揮します。

風水では、キッチンは火と水のおかげで気が乱れやすい場所となっているからです。

小さなガジュマルの鉢を置くと、気の乱れが調整されます。

鉢植えは土を使うので衛生面が気になるという人は、ハイドロカルチャーに仕立てれば大丈夫です。

またトイレも汚物を流すところなので良くない気がたまりやすいところです。

ガジュマルの小さな鉢を置いて気を中和してやると、良い影響があるかもしれません。

玄関にもガジュマルの鉢を置いてみましょう。

玄関が乱れていると悪い気が入ってくるので、ガジュマルの鉢を置くことで、全体運を良くします。

観葉植物ガジュマルの大きさは!?

観葉植物 ガジュマル 花言葉 大きさ

観葉植物としてのガジュマルは、10センチメートルほどのミニサイズから、1メートル強の高さの床置きサイズまで、さまざまな大きさのものが鉢に植えられて販売されています。

しかも1年で1メートル以上伸びる株もあるほど育ちが早く丈夫です。

ミニサイズのものを選んでも、小さいのは今だけかもしれません。

大きくしようと思ったら大きくなる木です。鉢植えなら限度がありますが。

観葉植物ガジュマルの販売している平均価格は?

ガジュマルの販売価格はピンからキリまであります。

高価なものなら3万円台で1メートル50センチくらいの高さと見事な枝ぶりの株が入手可能です。

逆に超お手頃価格で栽培に挑戦するのなら、100均で苗を探すという手段も考えられます。

しかし平均的な値段で、ある程度育った株を探すのなら、1,000円から5,000円ぐらいの株が、ひとつの目安になると考えられます。

つまり、ガジュマルは1株100円から30,000円の範囲で販売されていますが、平均的な価格帯のものを探すとしたら、1株1,000円から5,000円ぐらいである、ということです。

まとめ

ガジュマルは中国南部、台湾、インドやオーストラリアなど幅広い地域に自生している樹木です。

日本では沖縄と屋久島に自生しています。

その他の地域でも防潮林や防風林として植えられることがあります。

ガジュマルの木は防風林、防潮樹、街路樹、生垣として、材木は細工物に利用されています。

それだけでなくガジュマルには薬効があり、気根、樹皮、葉などを適宜切り取って日干しにしたものを煎じて飲んだりします。

気根は風邪による発熱、神経痛、打ち身、樹皮は発熱や腹痛を伴う下痢、葉は咳や下痢、打撲傷に有効とされています。

昔の人は、「多幸の樹」「長寿の樹」という別名のとおり、生命力が強く薬効のあるガジュマルに畏敬の念を感じていたのかもしれません。

ガジュマルはしかしながら、今日の日本においては、むしろ観葉植物としての人気が高まっています。

昔の人たちの畏敬の念を思い出しながら、ガジュマルを育てたり、誰かにプレゼントしたり、さまざまなやり方でこの観葉植物を楽しんでみるのもよいかもしれません。