近年注目が集まっているドラセナが、ドラセナ・カンボジアーナです。

ドラセナ・カンボジアーナは緑色の細長くやわらかい葉を噴水のような形に広げながらボリュームたっぷりに成長します。

優美で豪華な印象を与える観葉植物で、リビングのインテリアの主役にふさわしい存在感を感じさせます。

ここではそのようなドラセナ・カンボジアーナについて紹介をします。

ドラセナ・カンボジアーナってどんな植物!?

ドラセナ カンボジアーナ 耐寒性

ドラセナ・カンボジアーナの原産地は、カンボジアやラオスなど東南アジア諸国、それに中国の海南島も加わります。

低地の乾燥した砂地や石灰石の崖などで育ちます。

本来の自然環境のなかで成長すると高さは4メートルほどになります。

ドラセナ・カンボジアーナは日当たりが良くて風通しの良い環境を好みます。

ただし直射日光は好みません。

葉焼けを起こします。

ドラセナ・カンボジアーナの耐寒性は!?

ドラセナの仲間のうちでは、カンボジアーナはやや耐寒性のある部類に属しています。

しかし、このことはドラセナ・カンボジアーナが冬の寒さに強いということを意味していません。

ドラセナ・カンボジアーナの鉢を置いてある場所の気温が、10℃を下回らないように気をつけましょう。

戸外でドラセナ・カンボジアーナを育てている場合、気温がどんどん下がって行く季節になったら早めに室内に取り込む方が無難です。

ドラセナの仲間は、室内なら冬越しが可能です。

冬場はリビングルームなど、気温が安定して暖かい場所に避難させましょう。

スポンサードリンク

ドラセナ・カンボジアーナの育て方について

ドラセナ・カンボジアーナの育て方は、シンプルで簡単です。

基本的に人間が居心地の良いと思う環境が、ドラセナ・カンボジアーナにとっても居心地のよい環境だからです。

ただし、育てているうちに根が鉢の中でいっぱいになってしまうので、1〜2年に1回はひとまわり大きな鉢に植え替えることと、定期的に切り戻し剪定を行って、古くなった葉や枝を整理して、通気性を良くすることを忘れてはいけません。

置く場所はどこがいい?

ドラセナ・カンボジアーナを置く場所には、日当たりが良くて風通しの良い場所が適しています。

レースのカーテン越しの窓辺など明るい日陰を選ぶようにしてください。

ときどき日光浴をさせるのもよい考えです。

日照不足になると葉の色が悪くなるからです。

ただし真夏は直射日光があたる場所を避けるようにしましょう。

葉焼けを起こして、観葉植物としての価値が失われてしまいます。

ドラセナ・カンボジアーナを戸外で育てている場合、冬が近づいて気温が10℃を下回る前に室内の暖かくて気温が安定している場所に避難させるようにします。

水やりの方法や頻度は!?

春から秋の成長期には「土が白っぽく乾いたら、たっぷりと水を与える」というのがドラセナ・カンボジアーナの水やりの基本です。

受け皿にたまった水は捨てて、次に土が乾くまで水やりは控えるようにしましょう。

冬になって休眠期に入ったら、水やりの間隔をさらに延ばします。

土が完全に乾いたら、さらに2〜3日待って水を与えるようにしてください。

ドラセナ・カンボジアーナを乾燥気味にして内部の樹液の濃度を高めるとドラセナ・カンボジアーナの耐寒性をあげることができます。

また土が不必要にじめじめしていたら、根腐れを起こす可能性があります。

なんとなく葉が乾いていると感じたときは、霧吹きで葉水を与えると葉が生き生きとします。

葉水はハダニやアブラムシの予防にもつながるので、毎日に与えてもかまいません。

むしろ望ましいぐらいです。

肥料の正しい与え方は!?

ドラセナ・カンボジアーナには基本的に肥料はほとんど必要ありません。

しかし成長期の春から秋の間なら、定期的に肥料を与えることでドラセナ・カンボジアーナをより元気に育てることができます。

肥料は緩効性(かんこうせい、ゆっくり効果があらわれること)の置き肥を与えるか、10日に1回程度、適切な濃度まで薄めた液体肥料を水やりの代わりに与えれば十分です。

コバエが発生するのを防ぐため、有機肥料は使わずに化成肥料を使うようにしましょう。

また株が休眠期に入る冬の間は、肥料を与えないようにしてください。

うっかり肥料を与えると、肥料の与えすぎで肥料焼けを起こす可能性があるからです。

スポンサードリンク

ドラセナ・カンボジアーナに発生する虫は!?

ドラセナ カンボジアーナ 耐寒性 霧吹き

鉢植えのドラセナ・カンボジアーナを室内で育てている限り、それほど虫害になやまされることはないはずです。

しかしときには、ハダニやカイガラムシの被害を受けることがあります。

ハダニの被害を受けて葉が白っぽく変色した場合、あるいは葉や茎に白や茶色の小さな点のように見えるカイガラムシを見つけた場合には、殺虫剤をためらわずに散布してください。

ただしカイガラムシの成虫は、薬剤では駆除できない場合があります。

その場合は古い歯ブラシなどを使ってカイガラムシをこすり落とすようにしましょう。

また霧吹きを使って毎日葉水を与えると、水を嫌うハダニやアブラムシの発生を予防することができます。

ドラセナ・カンボジアーナは通販で買えるの!?

ドラセナ・カンボジアーナは「旬のドラセナ」と形容すべき存在です。

しかしおなじみの「幸福の木」(ドラセナ・マッサンゲアナ)のようにどこの園芸店でも見かけ、手軽に入手できるようになっているわけでは、残念ながらなさそうです。

そのようなドラセナ・カンボジアーナもネット通販を使えば、比較的簡単に手に入れることができます。

パソコンの前に座って「ドラセナ・カンボジアーナ」というキーワードを入力して検索をするだけで、ドラセナ・カンボジアーナを取り扱っているネットショップや在庫に関する情報などが簡単に集まります。

ドラセナ・カンボジアーナを入手したいのなら、通販サイトを上手に活用することを考えるべきでしょう。

まとめ

ドラセナ・カンボジアーナは長いあいだ希少種扱いでした。

しかし最近は流通量が増えて、人気が急激に高まっています。

美しく、育てやすい観葉植物であるドラセナ・カンボジアーナを、お祝いのギフトとして通販サイトを通じて贈ってみたらどうでしょうか?

もちろん自宅のインテリアのグレードを上げるため、通販サイトから購入することも可能です。