ガジュマルの水やりは意外と大変です。

水を与えるのを控え目にすると枯れてしまうし、たっぷりと与えすぎると根腐れを起こしてしまいます。

このようなことにならないために、水やりの最適な頻度、タイミング、与える量を理解して、ガジュマルが順調に成長を続けるようにサポートしましょう。

ガジュマルの水やりの頻度やタイミングは!?

ガジュマル 水やり 頻度

ガジュマルに水を与える頻度は、季節によって異なります。

毎日水をあげないといけない時期から、1か月に1回から2回水をあげれば済む時期までさまざまです。

水やりは、カレンダー通りの頻度で行ったらガジュマルが満足してくれる、というものではありません。

うっかり水をあげすぎると、根腐れを起こしてしまうことだってあります。

適切なタイミングで水を与えることは、ガジュマルの根の健全な成長にとっても良いことです。

ガジュマルの要求に気付く目安として「土が乾く」というサインがあります。

「土が乾いたとき」とは「土がなんとなく白っぽく見えるようになったとき」といいかえてもよいでしょう。

その微妙な感覚をつかむため、毎日の細かい観察や、実際に土を触って確認することも忘れないようにしましょう。

季節によって変わるガジュマルの水やりの方法や頻度は?

ガジュマルへの水の与え方は、季節によって異なることに注意が必要です。

気候がおだやかでガジュマルが成長を続けている春には、土が乾いて株が水を要求したら、水をたっぷりと与えるタイミングで問題ありません。

夏の暑い日差しのもとでは、南国生まれのガジュマルは、水をたっぷりと要求します。

水を吸い取る力が春や秋に比べてはるかに強くなっているので、水を与える間隔も、自然と短くなります。

水が鉢の中で湯になってしまわないように、水やりの時間帯に気をつける必要があるのも夏の特徴です。

一方冬になると、ガジュマルが休眠期に入って根が水を吸い上げる力がとても弱くなります。

水やりの間隔も、春から秋に比べてずっと長くなります。

春から秋までと同じ間隔で水を与え続けると、根腐れが確実に起こるので、気を付けなければなりません。

スポンサードリンク

春と秋の水やりの頻度

春と秋のガジュマルへの水やりは、週1〜2回で十分です。

しかし単にカレンダーどおりに機械的に水を与えてもよいか、というと全く違います。

水やりのタイミングのめやすは、「土が乾いたとき」です。

こまめに鉢の様子を観察して、微妙な感覚を自分でつかんでしまうのが、理想的です。

夏の水やりの頻度

夏の水やりは、毎日でも問題ありません。

ガジュマルが多量の水を要求するからです。

しかし機械的に毎日水を与えるのは感心しません。

春や秋と同じように、「土が乾いてから水をやる」必要があります。

土の状態は、土自体の性質やそこに植えられているガジュマルの状態によって、微妙に異なります。

夏であっても保水力の高い土にガジュマルを植えている場合には、土が乾燥しにくく、水を毎日与えていたら土がいつもじめじめしていて乾く暇がないということになります。

水をやる前には、土が乾いているかどうか、それも表面だけでなく内部まで乾いているかどうかを必ず確認するようにしてください。

夏に水を与える場合には、時間帯にも気をつける必要があります。

早朝のうちか夕方以降の、日ざしが強くない時間帯に水を与えるようにして下さい。

太陽がぎらぎらと輝いている昼間に水を与えると、水の温度が植木鉢の中で高くなって「煮えた」状態になり、根がダメージを受ける危険があります。

また土の中の水分がそのまま蒸発して、その熱で葉が蒸れてしまう危険性もあります。

これらが原因で、せっかくのガジュマルが枯れてしまうこともあるので、絶対に気をつけてください。

冬の水やりの頻度

冬のガジュマルへの水やりは2週間から1か月に1回で十分です。

この時期のガジュマルは休眠状態に入っているので、水は最低限で大丈夫です。

むしろ最低限でなくてはならないのです。

冬の水やりのタイミングは、春から秋までと異なって、土が乾いてから「数日後」です。

ガジュマルがほとんど水を要求していないのに、春から秋までと同じ感覚で水を与えてはいけません。

根腐れを起こして株の勢いが弱ってしまいます。

ガジュマルの水やりの量はどれくらい!?

ガジュマル 水やり 頻度 量

前記より、水やりのタイミングは「土が乾く」あるいは「土が白っぽく見える」ことを基準にすればよいことがわかりました。

しかし1回にどれくらいの量の水を与えると、ガジュマルが満足してくれるかは、これだけではわかりません。

観葉植物一般の水やりについて、よくいわれるのは、土が十分に乾いてから「たっぷりと」与えることです。

そしてこのことは、ガジュマルについてもそのまま当てはまります。

それではこの「たっぷりと」とは、どの程度を示しているのでしょうか?

これは土が十分に潤うことを意味しています。

「たっぷりと」水を与えることで、根のすみずみまで水を行きわたらせ、水の圧力で、根の呼吸のために必要な新鮮な空気を土の中へ送り込むことができるのです。

スポンサードリンク

室内での鉢植えの水やりの量

1回に与える水の量には、室内なら何リットル、室外なら何リットル与えなければならない、という基準はありません。

ガジュマルの育ち方と植えられている土の量の違いによって1回に与える必要のある水の量には、大きく違いが生じます。

室内にあるガジュマルに水を与える際は、受け皿へ水があふれ出るくらいの量をいちどで与えて下さい。

水やりが終わったら、受け皿にたまった水は必ず捨てます。

水がたまったままだと、ガジュマルが根腐れを起こす原因になります。

室外での鉢植えの水やりの量

室外で育てているガジュマルに水を与えるときは、鉢底から水が染み出すのに気づくまで、たっぷりと水を与えて下さい。

小さな苗のときはともかく、ある程度立派な木に育った後で「たっぷり」と水を与えるのは大変かもしれません。

しかし中途半端な与え方を続けると、ガジュマルの根のために良くありません。

まとめ

ガジュマルを健全に育てるために、水の管理は大きな役割を担っています。

その基本は「土が十分に乾いてから、たっぷりと」ですが、季節ごとに微妙に調整をする必要があります。

根腐れを起こさないレベルの水やりだけでは、ガジュマルにとって十分でないこともあるかもしれません。

ガジュマルは生きて成長を続けるために、多量の水分を必要とする植物だからです。

ガジュマルへ水分を補うために「葉水」という方法があります。

葉水というのは、観葉植物の葉の裏に、霧吹きで水をたっぷりと吹きかけることです。

葉水を与えることでガジュマルは十分な水分を吸収できるだけでなく、ハダニの被害を防ぐためにも役立ちます。

葉水はできるだけ毎日与えましょう。

特に真夏はよく気をつけて、たっぷりと与えてやることを忘れないでください。