ガジュマルは、とても育てやすい観葉植物のひとつだといわれています。しかし、実際には枯らしてしまう人も多くいるようです。

観葉植物「ガジュマル」の基本の育て方は!?

観葉植物 ガジュマル 育て方

ガジュマルは日光が大好きです。

おまけに耐陰性もあるので、日当たりの悪い屋内でも大丈夫です。

春から秋にかけては、できるだけ屋外の日当たりのよい場所に置くようにします。

ただし真夏の直射日光は刺激が強すぎるので、風通しのよい明るい日陰に移動させて下さい。

特に斑入りの品種は、直射日光に弱い傾向があります。

またガジュマルは寒さに弱いので、外気温が摂氏10度以下になったら、屋内にとりこむようにしましょう。

ガジュマルの鉢を室内に置くときも、日当たりがよい場所に置きましょう。

レースのカーテンをかけた明るい窓際は、室内での理想的な置き場所になります。ただし、エアコンの風が直接当たる場所は、避けるようにします。

水やりは「土が乾いたらたっぷりと」が基本です。

不足する水分は、霧吹きで葉水を与えることでおぎないます。

冬はガジュマルの生育が休止するので水はそれほど必要としません。

むしろ与え過ぎると根腐れの原因になります。

冬期は土が乾いてから数日後に水やりをするのが基本です。ただし葉水は冬も続けるようにして下さい。

肥料は特に必要ありませんが、ときどき液肥を与えるとよく成長します。

冬に肥料を与えてはいけません。

ただしハイドロカルチャーで育てている場合には、液肥は不可欠です。

ガジュマルの増やし方・挿し木の方法は?

ガジュマルは挿し木が簡単です。

わざわざ挿し木用にガジュマルの枝を切り取って用意しなくても、剪定したときに出る枝を利用すれば、株をいくらでも増やすことができます。

挿し木にする枝は、枝の2〜3節を目安にカットします。

切り口は斜めにカットしましょう。葉は一番上の2〜3枚を残してすべて取り除きます。

白い樹液が出てきたら、必ず洗い流しておきます。

こうしてできあがった挿し木用の枝を、清潔な土に半分ほど差し込んで、たっぷりと水を与えます。

その後は、風通しがよく、直射日光の当たらない日陰において、土を乾燥させないように管理します。

ガジュマルの挿し木は約3ヶ月で根が張ってきます。

スポンサードリンク

ガジュマルの剪定方法やベストな時期は?

ガジュマルの成長期である4月ごろから9月ごろが、剪定に最適な時期です。

ガジュマルは生命力が強いので、幹が元気であれば思い切った剪定を行っても大丈夫です。

4月から5月ごろなら、たとえ葉を全部おとして丸坊主にしても、すぐに新しい芽が伸びて株の再生が可能です。

しかし同じことを冬の最中に行ったら、春になってあたたかくなる頃まで待たなければなりません。

ガジュマルはゴムの木の親戚なので、幹や葉をカットすると白い樹液が出てくることがありますが、ティッシュなどでしばらく押さえておけば大丈夫です。

ガジュマルの失敗しない植え替え方法は?

観葉植物 ガジュマル 育て方 植え替え

ガジュマルは1年から2年に1回は、植え替えをしなければなりません。

「根詰まりを防ぐ」「土の栄養を増やす」というふたつの目的があるからです。

同じ鉢の中でガジュマルを何年も育てていると根詰まりの状態になってしまいます。

また、ガジュマルを植えたばかりの土は粒がしっかりしていて栄養分も十分に含まれていますが、時間がたつと粒が崩れて水はけの悪くなり、土の栄養分が減ってしまいます。

植え替えは根を切ったり傷つけたりするので、ガジュマルにダメージを与えます。

そのため植え替えは、生育が活発で十分な回復が期待できる5月から7月ごろに行うのがベストです。

ただし鉢の底から根がはみ出して、葉が黄色く枯れているときはすぐに植え替えを行います。

今が何月かということは、とりあえず無視します。

根腐れや根詰まりを起こしている可能性があるからです。

植え替えの際には、現在使用中のものより一回り大きな鉢を準備するのが原則です。

新しい土を準備することも大切です。あまりむずかしいことを考える必要はありません。

市販の観葉植物用の培養土で十分です。

観葉植物ガジュマルに発生する虫の種類や対策法は!?

ガジュマルは丈夫な植物ですが、ハダニやカイガラムシの虫害を受ける可能性があります。

どちらもガジュマルの栄養を奪い取る厄介な害虫です。

ハダニを退治するのには、殺虫剤を使用するのがベストです。

しかし近ごろは薬剤に耐性のあるハダニも多いようなので、そのときは全体を高圧の放水などで洗い流す方法も考えられます。

カイガラムシを駆逐するためには、殺虫剤の散布という手段のほか、特に株が小さいうちは、ひとつひとつをブラシでこすり落とすという方法も有効です。

ハダニであってもカイガラムシであっても、害虫駆除が終わったら、周囲の環境を見直すようにしましょう。

害虫の発生を予防するために、霧吹きでこまめに葉に水をかけるのを忘れないようにします。

ハダニやカイガラムシは乾燥した環境を好むからです。

また室内にガジュマルの鉢を置いている場合は、ときどき窓を空けて換気することを忘れないようにします。

特にカイガラムシは、風通しが悪いと発生しやすくなるので、気をつけて下さい。

ガジュマルの葉が落ちる、枯れる原因や対策法は?

ガジュマルの木の葉が落ちる原因にはいくつかのものが考えられます。

最初は水が関係する場合です。

水不足か、水のやりすぎによる根腐れです。

水不足の場合の対策は簡単です。

鉢底から水があふれるくらいまでたっぷり水やりをして、様子をみることです。

水のやり過ぎで根腐れした場合には、対策は少々厄介になります。まず水やりの頻度をひかえめにします。

そして黒く腐った根の部分を取り除いて、清潔な土を用いて植え直します。

植え直した直後は株が不安定なので、葉が落ち続けるかもしれませんが、1か月ほどたって新しい根が出て再生が始まると、新芽も出るようになります。

次は日照不足です。

ガジュマルは耐陰性があるとはいえ、本来は日光が大好きです。

明るい場所から急に薄暗い場所に置き場所を変えた場合や、室内の暗い場所に長期間置いた場合には、日照不足で葉を落とし始めます。

そのような場合はレースのカーテン越しなど、直射日光は当たらないけれど十分な明るさが保たれている場所に移動させてやります。

もちろん株を、戸外の日の当たるところに出してやるのが一番よいのです。

しかし薄暗いところに置いていた株をいきなり日光のもと出すと、葉焼けする可能性が大きいので、要注意です。屋外に出す場合には、徐々に明るさに慣らすようにしないといけません。

水やりの問題と日照不足以外にも、クーラーや暖房の風に直接当たっている場合にも、ガジュマルの葉が落ちます。

その場合は風が直接当たらない場所にガジュマルを移動させましょう。

ガジュマルと似ている観葉植物は!?

ガジュマルはクワ科イチジク属に属する植物です。

クワ科イチジク属に属している観葉植物として代表的なものとして、ゴムの木があげられます。

つまり、ゴムの木の代表格であるインドゴムノキやデコラゴムノキはもちろん、ハート型の大きな葉が印象的なウンベラータや観葉植物としてよく知られているベンジャミンも、みなガジュマルの親戚であるということになります。

ガジュマルに似た他の観葉植物として、モンステラがあります。

モンステラは、アメリカ大陸の熱帯地方が原産のサトイモ科に属するツル性の観葉植物ですが、ガジュマルと同じように、気根を生やすのです。

もちろんガジュマル自身にも、さまざまな仲間があります。

たとえば、シダレガジュマル、シダレフイリガジュマル、センカクガジュマル、パンダガジュマルなどがよく知られています。

まとめ

ガジュマルは丈夫で、耐陰性があるため戸外でも屋内でも育ちます。

育てやすい観葉植物のひとつですが、できるだけ日当たりの良い場所に置く、水は適切なタイミングで与えるなど、すこしでもガジュマルにとって居心地のよい環境をつくってあげる必要があります。