ガジュマルを育てていて、気をつけることのひとつに「害虫を発生させないこと」があります。

ここではガジュマルはもちろん、どんな観葉植物にも発生しやすいカイガラムシとハダニについて、駆除方法や予防方法を紹介します。

ガジュマルにカイガラムシが発生する事で起こる病気とは!?

ガジュマル カイガラムシ 駆除

ガジュマルに元気がなく、枝や葉の裏に白や茶色の点がぽつぽつと出ていることがあります。

あたりは蜜でべたべたしています。

これはすべてカイガラムシのしわざです。

カイガラムシは樹液を吸い取って蜜を出し、アリやアブラムシを呼び寄せるだけでなく「スス病」の原因にもなります。

スス病は、観葉植物の葉に「スス」を振りかけたような黒く細かい斑点が広がっていく病気です。

「スス」の正体は、カイガラムシ、アリ、アブラムシなどの排泄物に発生するカビで、植物自体に害を与えることはありません。

しかしスス病が進行して植物全体に広がると、植物の光合成を妨害するようになります。

それに「スス」はガジュマルの美観を損なってしまいます。

スポンサードリンク

ガジュマルに発生したカイガラムシの駆除方法は?

カイガラムシがガジュマルに発生した場合、まず殺虫剤をかけて退治を試みます。

これで大半のカイガラムシ、特に若いカイガラムシは退治できるはずです。

しかしカイガラムシのメスの成虫は、身体が固いロウや綿でおおわれているので、殺虫剤がほとんど効きません。

そのようなカイガラムシは、ひとつひとつ手で取リ除くより他にありません。

「それではあまりにも時間がかかり過ぎる」と思う方には、古い歯ブラシなどで、カイガラムシをていねいにこすり落とすことを勧めます。

このような方法では間に合わないほどカイガラムシがびっしりとこびり付いている場合には、その部分を取り除く方法があります。

幸いなことに、カイガラムシは地面に近い部分より、枝がやわらかい上の方にたくさん寄生する傾向があります。

この部分をすべて取り除いたとしても、ガジュマルが致命的なダメージを受ける心配はありません。

剪定の際には、カイガラムシが誤って周囲の土に落ちてしまわないように、切り屑はすべてビニール袋に入れてしっかりと密封し、地域のルールに従ってゴミに出しましょう。

悪い部分をすべて取り除くとガジュマルが丸坊主になってしまうこともあります。

しかしたいていの場合、数カ月のうちに新しい元気な芽が芽吹くので、心配はいりません。

一通り駆除作業が終わったら、ガジュマルの鉢植えを風呂場に運んで、40℃くらいの強い温水シャワーで、地上に出ている部分をきれいに洗い流します。

ガジュマルに残っているカイガラムシの卵などを、死滅させるためです。

地植えのガジュマルは風呂場に運ぶことはできません。

しかし強めの流水シャワーでガジュマルの枝や葉の表裏をしっかり流すことはできるし、望ましいことです。

ガジュマルに発生したハダニの駆除方法は?

ガジュマル カイガラムシ 駆除 ハダニ

ハダニは大きさ1ミリメートルにも満たない小さな虫です。

肉眼ではほとんど確認することができません。

「ダニ」と名前が付いていますが、実はクモの仲間で、糸を吐いて移動します。

たいていは植物の葉の裏に寄生して、葉の裏側から栄養分を吸いつくします。

そのため植物全体に栄養が行きわたらなくなり、寄生された植物が枯れることもあります。

ハダニが寄生しているかどうかは、ガジュマルの葉に無数の白い斑点があるかどうか、葉が不自然に白っぽくなっているかどうかでわかります。

またクモの仲間であるハダニは糸を吐くので、周囲に糸のようなものが付き始めたら、やはりハダニの存在を疑う必要があります。

特に梅雨明けから9月までの暑さの盛りの時期には、ハダニは大量発生しやすいので、ガジュマルの変化に注意してください。

ハダニの駆除は、殺虫剤の散布が基本です。

ただしハダニには他の害虫より薬剤に対する耐性がつきやすい傾向があります。

1回の散布で駆除できるように、殺虫剤を撒くのなら、しっかりと撒くようにしましょう。

ハダニが少数でかたまって発生しているときには、テープにくっつけて一気に剥がして、駆除することも可能です。

またハダニは水に弱いだけでなく水に流されやすいので、勢いよく水をかけるだけでもある程度までは駆除できます。

殺虫剤を使う以外のハダニの退治方法としてよく知られているものとして、水と牛乳を1:1の割合で混合した溶液をガジュマルに吹き付ける、というものがあります。

溶液が蒸発するときに牛乳が膜を作るので、その下にいるハダニはすべて窒息してしまうというものです。

ただしガジュマルの株をそのままにしておくと、牛乳が腐敗して悪臭を放つので溶液を噴霧してしばらく経ったら水できれいに洗い流しておくことをすすめます。

その他にも、木酢液や竹酢液を吹き付ける方法も知られています。

さらに、カフェインの防虫効果に期待して、ブラックコーヒーを定期的に吹き付けるという方法も勧められています。

これら殺虫剤を使わない方法は、どうしても殺虫剤を使いたくない場合、あるいは殺虫剤を使いすぎて主要な薬剤に対する耐性がハダニについてしまったときに試みる価値があると考えられます。

スポンサードリンク

ガジュマルにハダニが付かない為の予防対策法とは?

ハダニの最も効果的な予防法は、霧吹きを使って葉水をこまめに与えることです。

ガジュマルのような観葉植物は、葉からも水分を吸収するので、葉水は効果的な水分補給法になります。

葉を生き生きと美しく保つことにも効果があります。

それだけでなく、実はハダニは水に対して弱いのです。

葉水で葉の周囲の空気が乾燥しないようにするとハダニがつきにくく、万が一発生しても被害の拡大を防ぐことができます。

まとめ

カイガラムシもハダニもガジュマルを困らせる害虫です。

一度寄生すると際限なく繁殖して、被害がどんどん拡大して行きます。

しかし、日々ガジュマルの変化を気にかけることで、被害を最小限で食い止めることも可能です。

そして特にハダニに関しては、葉水が予防のために効果的です。

カイガラムシの場合もハダニの場合にも、殺虫剤を使う以外にも、さまざまな予防法や駆除の方法があります。

しかし本当に効果のある予防法は「植物をじょうぶに育てること」です。

ガジュマルをしっかり日光に当てて、適切なタイミングで水やりをしたり肥料を与えたりして、ガジュマルを可能な限り良い状態で育てるようにしましょう。