一般的に〝夏野菜〟と言えばたくさん思い当たる野菜が出てくると思います。

『ナス・ピーマン・ズッキーニ・トマト・アスパラガス・キュウリ・オクラ…』思い浮かぶものを言ってもこれだけすぐに出てきますよね?

中でもアスパラガスはカレーに入れても美味しい夏野菜として知られており多くの店で夏野菜カレーにアスパラを入れていると思います。

でもアスパラには大きく分けて2種類あることを知っていますか?

夏野菜として知られたアスパラの他に観賞を目的としたアスパラがあります。

そこで観葉植物のアスパラを上手く育てる方法など調べてみました。

アスパラガス(観葉植物)の種類は何種類あるの!?

アスパラ 観葉植物 育て方

アスパラと言えば夏野菜を思い浮かべる人が多いと思いますが実は観賞を目的とした観葉植物のアスパラもあります。

アスパラは多少の雨でも丈夫に育つ生命力を持っていますので古くから食用として利用されています。

野菜のアスパラ以外には観葉植物のアスパラもあります。

食べるアスパラとは種類が違いますが同じ仲間で世界には約150種類あると言われています。

そこで観葉植物のアスパラにはどんな種類があるのかいくつか紹介します。

【観葉植物のアスパラの種類】

アスパラゴイデス

丸みのある葉っぱにトゲを持たないツル性の多年草です。

葉っぱは互い違いに生えて日光を取り込みやすく葉には艶もあります。

切り花などにも使われる事が多くアレンジ次第ではとても綺麗に見えます。

マイアース

アスパラガス・マイアースは目立たないトゲがあり茎が直立して伸びるタイプの観葉植物です。

これもアスパラガスの仲間なのかと感じますが同じ仲間です。

花は白く赤い実を付け、耐寒性もある方ですので関東より南の方では外でも越冬する事が出来る場合があると言われています。

スプレンゲリー

四季咲きで時期は決まっていなく、まばらに咲く耐寒性多年草です。

日当たりが良くても悪くても構わずに咲くスプレンゲリーは葉に光沢があります。

一般的には塩水に弱いのが植物ですがスプレンゲリーは海の近くでも育ちますので、もしかすると塩水にも耐性があるのかも知れません。

スポンサードリンク

食用と観葉植物のアスパラガスの違いとは!?

食用も観葉植物も同じユリ科の多年草アスパラガス属ですが食用と観葉植物の違いとしては食用のアスパラガスはオランダキジカクシになります。

観葉植物はクサナギカズラですので食用と観葉植物では種に違いがあると言われています。

他にもまだまだ、沢山の種類があります。

観葉植物のアスパラガスは園芸などでも多く好みのアスパラを探してみましょう。

アスパラガス(観葉植物)の育て方をご紹介!

観葉植物のアスパラを育てる場合、どの様な育て方をしたら良いのか?

アスパラの栽培は優しいと言われていますが適当に扱うと丈夫な植物でも枯らせてしまいます。

そうならない様に育て方を知っておかなければなりません。

ではアスパラの栽培で基本的な方法とは?

  • 日常的な手入れ
  • 置き場所
  • 水やり・肥料
  • 害虫対策

これらが必要になります。

日常の手入れとして『切り戻し・株掃除』があり茎が伸びてきて手に負えなくなったら切り詰めてあげます。

この時に茎などに落ちた葉なども掃除しておきましょう。

置き場所も1年を通して日当たりが良い場所を確保しておきます。

気をつけなければならないのが『乾燥』です。

乾燥するとハダニなどの病害虫が繁殖してしまうので適度に霧吹きなどで水をかけてあげましょう

アスパラガスの植え替えの方法や時期は?

アスパラの植え替え時期や方法はどうなのかと言うと時期としては5〜6月が適期と言われています。

植え替え方法は鉢から抜いて古い土を約1/3ほど落として古い根を切り詰めをし元の鉢より大きめの鉢に植え替えてあげます。

アスパラガスの増やし方・株分け方法は?

アスパラの増やし方としては種を植える事で増やす事は可能です。

株分けは鉢から抜いたら古い土をしっかり落とし、だいたい2〜3つに分けて植えます。

あまり細かく分けずにざっくりと分ける程度が好ましいと言われてます。

スポンサードリンク

アスパラガス(観葉植物)が枯れる原因は?

アスパラ 観葉植物 育て方 日光

綺麗に育っている観葉植物のアスパラはとても綺麗ですよね。

綺麗に育てたられたら気持ちも良くなってきます。

購入してきて間もない頃は元気に育っているので問題はありませんが、気付けば葉の色が黄色っぽくなってたり葉っぱが枯れて落ちてたりした事ありませんか?

アスパラが枯れてしまう原因にはどんな理由があるのか?

【観葉植物のアスパラが枯れる原因】

育てたアスパラが枯れてしまう主な原因としていくつかあります。

原因を知って適切な対処をしてあげましょう。

  • 強い日に当たり過ぎる
  • 根腐れ
  • 根詰まり 
  • 病害虫

アスパラは日光がとても好きなのですが真夏の強い直射日光があたる日が続くと葉の部分が痛んでくる事があるとされています。

痛んでしまったら元に戻す事が難しくなるので気をつけましょう。

他にも根腐れ・根詰まりの他に病害虫が発生してしまうと枯れやすくなってしまいます。

乾燥させてしまう事でハダニなどが発生しやすくなるので霧吹きなどで水分を適度に与えてあげましょう。

風水で見るアスパラガス(観葉植物)は縁起いいの?

観葉植物の風水って知ってますか?

あまり風水など信じない人でも、こんな観葉植物を置いたら運気が下がると言われたら無意識のうちにその観葉植物は避けてしまうと思います。

それはアスパラにもあり風水を利用して選ぶ人も多くいます。

ではアスパラについての風水とは何か?

観葉植物には色々な形のものがあります。

風水では鋭く尖った葉は悪い気が入ってくることを防ぐと言われています。

枝が様々な方向へ垂れるアスパラは癒し・落ち着きのパワーがあると言われています。

特に葉の形状が丸い葉はリラックス効果が期待されております。

ハートの形になる葉のアスパラは恋愛運や結婚運が上がると言われています。

アスパラガス(観葉植物)は猫にとって大丈夫なの?

玄関やリビングに寝室など家の中で観葉植物を置いている家って多いですよね?

そしてペットとして猫を飼っている人も多くいると思います。

観葉植物は猫にとって大丈夫なのか気になった事はありませんか?

猫草があるから観葉植物があっても大丈夫だと思っている人は危険です。

観葉植物の全てが危険かと言えばそうではありませんが中には猫にとって毒になるものがあると言われています。

一般的にパキラやガジュマルは猫を飼っていても大丈夫と言われていますがアスパラは猫にとって毒性になると言われています。

観賞用のアスパラガスを育てている人は猫が間違えて食べない様に対策をしっかりしておきましょう。

まとめ

アスパラガスと聞けば主に食べられる食材と言う認識が強いと思いますが観葉植物のアスパラガスも存在しています。

気付かないだけでフラワーアレンジメントされている中にアスパラが入っている事も多く割と身近な観葉植物でもあります。

猫をペットとして飼っている人はアスパラは猫にとって毒ですので食べられない様にしっかり対策をしておきましょう。